2013年12月5日木曜日

ヨーロッパ旅人プロジェクト2 : チップ


ヨーロッパの国ではチップは必ずあげなければいけないと思っている人がたくさんいます。
よ くパリで、日本人の旅行者で、5ユーロー (約500円) をチップ代わりにバラ撒いているの見たことがありますが、フランス人はギョッとします。チップは国によってはもちろんおかなければいけな いところもありますが、ほとんどがほんの気持ちです。そこで、計算が得意な人は活躍です。サービスが悪い場合は消してチップを置かないでください。

わからない時は、大体、ヨーロッパの国では、チップを置くなら 全額の0.5割ですので、そう思ってお金を出しましょう。

すでにチップ込みの料金の場合はお支払い表に書かれています。
フランス語 service compris
英語   service included 
スペイン語 servicio incluido
イタリア語 servizio incluso

アイスランド
チップ禁止です。
 -
アイルランド
レストランとタクシー : 全額の一割ですがレストランの場合、すでにチップ込みの金額を言われる時あるので、お支払い表を見てから払いましょう。
 -
イギリス
レストラン : 全額の一割から一割半。すでにチップ込みの金額を言われる時があるので、お支払い表を見てから払いましょう。パブはチップを置かなくてもいいです。

イタリア
レストラン : 高級レストランならともかく、普通のレストランに入ってチップを置くと嫌がられます。おかないほうがいいです。
タクシー : 全額の一割
 -
オーストリア
レストラン : 全額のやく一割です。カードで払う場合「いくら払います」と言ってから払いましょう。
バー : サンチームを大目に払う (1.4ユーローなら、1.5または2ユーロにしてお釣りを待たないで帰る)
 -
オランダ
あげてもいいです。 あげなくてもいいです。気持ちです。-

ギリシャ
レストランやタクシーでお金を払う時、多めに払うのが風習です。3ユーロー以上は多すぎます。
 -
クロアチア
チップの国ではありません。 しかし、どうしてもあげたいと言う方はどうぞ。
 -
スイス
レストラン : 全額の0.5から一割。おかなくてもいいです。
 -
スペイン
レストラン : 全額の一割
バー : チップ込みの金額ですがもしよかったら50サンチームか1ユーローをどうぞ。
 -
スロバキア
レストラン : 全額の0.5から一割
-
チェコ
レストラン : 全額の一割です。ドイツと同じで、お金はテーブルに置くと下品に思われますので、お支払いの前に、前もって、チップをいくら払いますと言ってください。
タクシー :  多めにお金を払うととても喜びます。
 -
デンマーク
チップ禁止です。
-
ドイツ
レストラン : 気持ちです。好きなだけどうぞ。カードで払う場合、たとえば42ユーローのお支払いだとすると、「45ユーロー」と口で言って払うといいです。テーブルにお金を置くのは下品です。わからない方は全額の0.5から一割まで。
ホテル : 全額の一割あげた方がいいです。
バー : 全額の一割あげると喜びますが、あげなくてもいいです。わからない方はサンチームを大目に払うといいです。 (1.4ユーローなら、1.5または2ユーロにしてお釣りを待たないで帰る)
 -
ノルウェー
あげてもいいです。 あげなくてもいいです。気持ちです。
 -
ハンガリー
レストラン : 全額の一割です。ドイツと同じで、お金はテーブルに置くと下品に思われますので、お支払いの前に、前もって、チップをいくら払いますと言ってください。
バー : サンチームを大目に払う (1.4ユーローなら、1.5または2ユーロにしてお釣りを待たないで変える)
 -
フィンランド
高級レストランや一流ホテルにだけチップを置きます。
 -
フランス
レストラン : すでにチップ込みの金額です。
バー : パリではよく1か2ユーローをチップでおきますが、旅行者の「パリに行ったらチップ」と言う気持ちです。普通はもうチップをおきません。
 -
ブルガリア
レストラン :  少しおいていくと喜びますが、気持ちですので、 2ユーロー以上は多すぎます。
タクシー :  タクシーの運転手はガソリンは自分で払うで、多めにお金を払うととても喜びます。
 -
ベルギー
レストラン : 2ユーロー。おかなくてもいいです、気持ちです。
- -
ポーランド 
レストラン、バー : 全額の一割
 -
ポルトガル
レストラン、バー : 全額の0.5から一割
 -
マルタ
レストラン : 全額の0.5から一割
 -
リヒテンシュタイン
レストラン : 全額の0.5から一割。おかなくてもいいです。
 -
ルーマニア
レストラン、バー : 全額の一割
 -
ルクセンブルク
レストラン : 全額の一割
バー : サンチームを大目に払う (1.4ユーローなら、1.5または2ユーロにしてお釣りを待たないで帰る)
ロシア
全額の一割 までおいてもいいですが、おきすぎると、嫌がります。失礼なそうです。しかし、人によって客を見てチップを待つのいます。あまり「お金もちな旅行者そう」なかっこうをするとぼられる時があります・・・