2016年7月11日月曜日

ほうずきが食べられるのです!

ほうずき市で売っているほうずきではありません!

”ストロベリートマト&ゴールデンベリー ”

見た目は綺麗なほうずき、観賞用だと思っていました。実は食べられるのでした。
でも・・・ほうずき市で売っているほうずきとは違います。
食べられるのは“ストロベリートマト”とも呼ばれている品種の食用ほうずき。フランス料理やイタリア料理では一般的な食材として様々な料理に使われています。ルーツは南米ぺルーとも言われており、ベル―、チリ、ベネズエラまでと国をまたいで広範囲に栽培されているらしいです。日本でもこのごろは栽培されているらしいです!?
海外では野菜というよりは高級フルーツとして扱われているらしい・・・ほうずきです。
英語名を「グラウンド・チェリー(Ground Cherry)


フランスでは28年前にパテやリレツトの飾りに付いていて、びつくりしました。
”パリのリヨン駅構内のLe Train Bleu(ル・トラン・ブルー)青い列車”でした。


1m50cmの高さはあります。葉がすごく大きいです。


日本ではまだ見かけません。
フランスの国でお庭で・・・咲いていたほうずきです。


育て方や刈り入れも料理方法も難しいらしいのでプロが作るほうずきのドライフルーツやレストランで出された時のほうずきを食べるだけです。

下の中にはほうずきの飾りで前菜パテの写真あります。

http://parinikki.blogspot.jp/2016/02/la-vieille-portethionville.html